住宅ローンの保障 住宅ローンの保証人についてなのですが、住宅ローンの保証人と言うのは、住宅ローンを借りていたのに、お金を返すことが出来なくなってしまったときに、その人の代わりにお金を払わないといけない人の事を言います。住宅ローンの保障品には普通保障品と連帯保証人がある為確認してみて下さい。まず住宅ローンの普通保証人と言う物は、返済できなくなったときに保証人に請求を求めた場合でも財産の差し押さえなどをして強制執行をしてもらって保証人が住宅ローンを払わなくてもいいように可能でしょう。 しかし住宅ローンの連帯保証人だったら、一切それらがないですから連帯保証人が住宅ローンを支払っていかなければいけない事になります。最近は連帯保証人の代わりとして住宅ローンを組む際に保険会社が保証人になったりもします。その場合には保険会社に保証料を支払わなくてはいけないことになって場合によって五十万円以上も支払わないといけない場合もあるといわれているのです。もしも住宅ローンを支払えなくなって保険会社が支払うことになっても住宅ローンが消えた訳ではなくて、住宅ローンの支払いを保険会社がかわりにしただけで結局は次は保険会社に返済していかないといけないことになるという事もには変わりありませんー